お気に入りのダウンフーディーの上に羽織るシェルがフィットするか心配な方も多いはず。そんな時、アークテリクスのレイヤリングガイドが役立ちます。

重ね着する理由

レイヤーは、体を暖かくドライに保ち、エネルギーを効率的に使うための手段です。機能性を正確に理解した上でウェアを重ねることにより、汗などの湿気を発散でき、熱の保持と分散が実現します。

また、優れた耐候性が発揮されます。重ね着を適切な方法で行うことで、それぞれのレイヤーの素材が体の動きを妨げないため、動きづらさや肌擦れを軽減することができます。効率的なレイヤリングを行うことで、ドライで暖かな着心地が続くだけでなく、安全で快適にアクティビティに臨めるため、より長い時間アウトドアを満喫することができます。

ファーストレイヤー

肌に直接触れるファーストレイヤーは、保温性と素早い吸汗性を提供します。

軽量性は、気温の高い日の運動や高負荷の運動に必須の要素です。肌寒い日の運動や負荷の低い運動には厚手のレイヤーが適しています。

ウールは雨天のアクティビティで保温性を保てるだけでなく、天然の防臭効果も期待できます。

合成素材は軽量性と速乾性に優れており、摩耗に強いのも特徴です。

断熱素材&フリース

断熱素材とフリースは、保温性に長けているだけでなく、高負荷の運動で熱を分散してくれるのが魅力です。断熱性のあるアイテムを選ぶ場合、重量と気象条件を考慮しましょう。

ダウン素材は、重量に対する保温性が最も高く、コンパクトに収納もできます。しかしながら、着用するのに最適なのは晴天の涼しい日でしょう。

合成素材は、雨天で暖かさを保ち、耐摩耗性に優れていますが、コンパクトさと軽量性はダウンより劣ります。

 

フリースは、高い通気性を発揮する保温性ウェアです。フリースは着心地の良さが最大の魅力ですが、単独のレイヤーとしては天気への対応力の低さが弱点です。

アウターレイヤー

シェルは、天気への対応性が最も高いレイヤーで、他のレイヤーの上の一番外側に着用されることが最も多い素材です。アクティビティを行う環境や想定される負荷のレベル、通常よく見られるコンディションを念頭に置いてシェルを選ぶことが大切ですゴアテックスシェルは、抜群の防水性と防風性、透湿性を備えた素材です。

ウィンドシェルは軽さに勝るだけでなく、風雨への対応力の高さも魅力の素材です。

晴天や雨がほとんど降らないコンディションに最適です。

ソフトシェルは、4方向伸縮性に優れた素材で、アウターにもってこいの耐久性と耐候性を兼ね備えています。

 

防水性と断熱性を備えたジャケットは、断熱素材と耐候性アウターレイヤーを1つのレイヤーにまとめたアイテムです。

レイヤリングのヒント

アークテリクスでは、それぞれのレイヤーを適切に組み合わせて重ね着していただけるよう、製品番号を採用しています。この番号は、「アークテリクスレイヤリングシステム」章の製品ページに掲載されています。

すべきこと:番号の数字が小さなアイテムの上に、大きなアイテムを重ねるようにしましょう。

#4や#5のシェルジャケットは、#3の付いた断熱性ジャケットやフリースジャケットの上に羽織るのに最適です。

すべきでないこと:同じ番号の付いた2着のアイテムを重ねるのは避けましょう。

理由 #3のシェルジャケットを#3の断熱性ジャケットの上に重ねると、断熱性が台無しになり、効率的に体 を保温する機能性を削減してしまいます。